男の人

丁寧なクレーム対応が業績を伸ばす秘訣に|最高の人材育成

このエントリーをはてなブックマークに追加
メンズたち

内部から成長

会社を内部から成長させること。それによって今よりもっと上の段階へ進むことが出来ます。カギとなるのは、社員として働く人たちへの「教育」です。さまざまな研修を通して、社員教育を行うことなのです。

レディたち

けん引役を育てる

会社のけん引役となる管理職、マネージャーといった人たちを育てるためのマネジメント研修というものが行われている。企業を成長させるために必要なことを、先頭にいる人たちが学んでいくのである。

握手する男女

営業マンを育成

営業研修は、企業内にあるさまざまな部署の中でも特に「営業部」に着目し、その教育を行う研修のひとつである。営業は、企業の仕事の中でも特に大切な仕事をこなす部署のひとつ。充実した研修が望まれているのである。

社員教育のやり方

メンズ

それぞれに必要なこと

人が教育を受ける中で得られる知識やスキルの中には、文明人であるからには誰もが持っておくべき共通した知識やスキルというものがあるでしょう。それは話す言葉や、足し算引き算のやり方や、基本的な社会のルールについての教育です。それさえ身につけていれば、私たちはとりあえず生きていくことが出来ます。ただ、もちろんそれだけが教育ではありません。基本を身につけた上で、専門的な教育をそれぞれに受けていくというのが、今の世の中のあり方なのです。そして、世の中全体のことだけではなく、たとえば会社というひとつの組織の中においても、教育については同じことが言えます。社員教育は、全社共通で必要となる事柄を教える研修が行われる一方、それぞれの部署で必要な事柄を教える社員教育のあり方も、語られなければならないことになっています。特に、クレーム対応は丁寧に行なう必要があるので、クレーム対応に特化した研修も行なってくべきだと言えます。
こういった社員教育のあり方を基本として組み上げた教育プログラムを提供する教育サービスを活用することが、一般的になっています。

階層に合わせて研修

まずは新入社員として会社に参加し、やがて若手社員と呼ばれるようになり、中堅どころを固めるようになり、管理職という立場にのぼるようになる、というのが一応の流れと言えるでしょう。このように思わせぶりに書いたところでわかると思いますが、要するに、今必要なのは新入社員、若手社員、中堅社員、そして管理職といった階層に合わせた社員教育が必要だということです。それぞれの立場にある人が必要としていることは何か、それを的確にプログラムに反映させ、提供してくれる研修サービスを活用することで、会社はもっと充実した働き手を得た働く場所として、栄えることでしょう。